面会交流

―健やかな子どもの成長を願って―

*面会交流援助の案内(パンフレット)へ

☆ 子どもにとって、
  お父さん、お母さんとは?


 
父母は子どもの生活を守り、愛してくれる、
世界中に一人しかいない大切な存在です。
一生懸命に生活をして困難を乗り越えている姿は子どもの生き方のモデルです。
離婚しても、親子の絆は子どもの生きる支えと希望になります。

面会交流とは?

 
子どもは心の底から父母両方に愛されたいと思っています。
面会交流は、離婚後も子どもが両親の愛情を確認できる大切な機会です。
親の都合や感情を優先せず、離れて暮らす親に子どもが安心して会え
るよう父母は協力して親の責任を果たしましょう。



 
☆ FPICの面会交流援助は?  父母が自分たちの力で面会交流が実施できないとき,子どもの立場に立って親子の縁をつなぎとめ,応急手当として行う子ども支援事業です。
父母の希望どおりに援助を行うわけではありません。
面会交流の前に、父母には個別に事前相談を行って,援助できるかどうか協議させていただきます。
 
 

  ★面会交流実施日★
土、日、祝日を含む全日対応可能です。
但し、連絡調整型を除き年始年末はお休みさせていただきます。 


事前相談の申込み

問合わせ先 :   電話・FAX   082-246-7520
電話受付時間 : 月曜日〜金曜日     13時30分〜16時30分

事前面談は土日、祝日も対応可能です。お電話でお問い合わせの上、予約してください。

*Eメール:fpichiroshima@ybb.ne.jp


先ずは、事前面談を行い、どのような援助ができるのか?ご希望もお聞きしながら、
FPICルールを説明させていただきます。
申込みをしていただき、父母双方との三者契約成立後からの援助開始となります。


☆ 費 用 ☆

 援助の種類・内容により、次のように定めています。


援助の種類・内容と費用

   
相 談
面会交流の
事前面談 
父母や子どもが安心して面会交流ができるように、援助の内容を説明します。
電話予約の上、FPIC広島ファミリー相談室にお越しください。
代理人も同席できます。 

相談料:60分以内 3,000円   60分超過 5,000円
面会交流援助
の申込み
父母それぞれに所定の申込書兼合意書を出していただき、FPIC広島ファミリー相談室との三者の合意ができた時、契約成立です。 
申込金:1ケース 5,000円(返金はいたしません。)
 付添い型援助
受渡し・連絡調整を含む
別居親に子どもを会わせることに同居親が強い不安を抱いている場合、面会交流の場に援助者が付き添い、子どもの気持ちに寄り添います。
日時・場所・面会方法の打合せや調整、子どもの受渡しも行います。
1ケース 1回 10,000円〜20,000円
(具体的な金額は、場所、時間、子どもの人数等により設定します。
援助者の入園料・入館料、交通費等の実費は、上記費用に加算します。)
 受渡し型援助
連絡調整を含む
面会交流の際、別居親に子どもを託すことには問題はないが、父母が顔を合わせられない場合に子どもの受渡しを援助します。面会交流場面には付添いませんが、日時・場所・面会方法の打合せや調整を行います。
1ケース 1回 5,000円〜10,000円
 連絡調整型援助  父母が連絡を取り合うことが困難な場合、代わって双方に連絡を取り、日時・場所などの調整をします。
1ケース 1回 3,000円〜5,000円
 短期援助   原則1回、事情により2回まで。試行的、あるいは自力での面会交流の予行演習的な場面で実施する援助です。付添型で行います。
1ケース 1回 10,000円~20,000円
援助期間
更 新料
 継続的援助の期間は1年です。父母が希望すれば、1年単位で更新できます。
更新料:3,000円 


*基本的には、援助担当者2人で対応させていただきます。



FPICの面会交流援助を利用したい父母への指針

      面会交流ルール(調停条項等)を決めるときには、相手方、家庭裁判所、弁護士と協議して次のことを明文化して下さい
   
 面会交流の頻度、回数
付添い及び受渡しの援助は月に1回が限度です。
   
第三者機関の援助の有無及び付添いの有無
事前相談なしに第三者機関の援助を条項に盛り込んだ場合には、援助できるとは限りません。
付添型援助の場合には必ず条項に明記してください。 
   
 援助担当者の指導・助言の受入れ意思
父母の意見調整が難しいときには、援助者の判断に従っていただきます。
   
 費用負担割合
父母で話し合って決めてください。
面会交流は離婚後の父母の共同養育活動ですから、事情が許せば費用も応分に負担し合うのが
望ましいと考えています。
   
   
   
   
   
   付添い型の面会交流を円滑に実施するためのルール
   
  面会交流を子どもが楽しく穏やかに過ごせるように、同居親は子どもに別居親と会うことを伝え、面会の中身は子どもに任せましょう。別居親は子どもに生活の様子を根掘り葉掘り聞いたりせず、笑顔で子どもの気持ちを受け止めましょう。両親とも、昔のことと相手の悪口は言わないことにしましょう。

子ども中心の面会日程の調整
子どものスケジュールや健康状態が分かる同居親は、複数候補日を提示してください。その中から別居親と援助者側が調整して決めます。
約束した日程は、病気や行事延期などのやむを得ない事情が発生しない限り、誠実に実行してください。月1回実施の場合は、一旦決めた日程の変更や振り替えは行いません。約束した時間は厳守してください。 
   
 同居親の参加
面会するのは別居親です。援助者が要請または許可しない限り、同居親は面会交流の場面には同席しません。同居親の待機場所は援助者の指示に従ってください。
   
 プレゼント
誕生日やクリスマスなどのプレゼントは、援助者を通して事前に相談してください。
面会交流は親子で楽しむ時間です。普段のプレゼントはなるべく控えてください。
   
4   カメラや携帯電話の使用について
子どもが嫌がらなければ、数枚の写真の撮影は差し支えありませんが、録音や動画撮影はしてはいけません。撮った写真を公表したり裁判等に利用したりしてはいけません。
面会中に携帯電話等で子どもに外部との通信通話をさせることはできません。
   
5   禁酒・禁煙
飲酒や薬物を使用しての面会は厳禁です。面会中は禁煙です。
   
 援助の中止
次のことが発生した場合には、援助を中止し、以後一切の援助はしません。
① 人や物に対する暴力・暴言・威圧
② 連れ去りまたは連れ去り企画
③ 子どもと同居親の自宅や学校・保育園の近辺に立ち現れること等。
   
   
   親の紛争の渦中にあった子どもとの面会交流は、初めからうまくいくとは限りません。
 面会中だけでなく面会の前、面会の後の父母の接し方が先々のよい関係に繋がります。
 辛抱強く、続けていきましょう。




トップページへ